超聖水を飲んだのに、聖地カリンに散った桃白白/ドラゴンボール♯64

桃白白とカリン様

引用DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

悟空の反撃開始!打ちのめされ最期を迎える桃白白。

悟空の反撃になす術もなく最期は爆死する桃白白の姿は、時々テレビで放送される【懐かしのアニメ】みたいな番組でもピックアップされていたような、いなかったような。

明らかに力の差を見せつけられ、内心動揺する桃白白。そして、その要因が悟空がカリン塔で超聖水を飲んだ為だと知ると、自身もカリン塔を駆け上がるのでした。

桃白白がカリン塔を駆け上がり、超聖水を飲み、再び聖地カリンに戻ってくる一連の場面はコミックでは描かれていません。アニメだけの見所です。(きっと)悪い心をもった者しか乗れない真っ黒な筋斗雲も登場するので、なかなかレア回です。ちなみに下記に載せた顔を蹴り飛ばされている桃白白は、超聖水を飲んだ後です。

超聖水/悟空と桃白白の違い

引用DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

カリン様の元で超聖水を飲んだ悟空と桃白白。しかし、明らかに力の差があり過ぎます。なぜか?私が思うに、超聖水を飲むまでの過程にその要因があるように感じます。

自力でカリン塔のてっぺんまで登りつめたところまでは同じ。しかし、悟空は、考え、動き、カリン様から超聖水を奪い取ります。カリン塔を上ったり下りたり、カリン様から超聖水を奪うこと、これらは全ての力を倍増するための修行だったのです。一方、桃白白は『超聖水の効果がなければ、壺を塔の真下にいるウパ目掛けて振り落とす。』と、カリン様をただ脅すだけ。悪知恵ははたらきますが、何の力もついていません。無駄に自信を付けた桃白白と自分の力で自信と力を手に入れた悟空。何故、桃白白が敗北したのか理由は瞭然ですね。

テンメイ石とカッチン鋼

引用DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

ここで余談ですが、カリン塔の柱はテンメイ石で作られたエイキュウ柱で非常に頑丈。桃白白のドドンパでも壊れません。桃白白がカリン様から超聖水を奪った際、ドドンパでこの柱を破壊することでその効果を諮ろうとしますが、やはり、桃白白自身の力では破壊することは出来ませんでした。

引用DRAGONBALLカラー版魔人ブウ編

ここで思い出されるのは、カッチン鋼の存在です。

ゼットソードを使って魔人ブウを倒すべく界王神界で修行中の悟飯は、操れるようになったゼットソードの威力を試すため界王神様が用意したカッチン鋼に刃を向けます。宇宙一堅いカッチン鋼はビクともせずゼットソードは折れて15代前の界王神が現れるという展開。カッチン鋼が宇宙一堅い金属であるなら、テンメイ石はは地球一堅い鉱物かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました