胸に突き刺さった桃白白のどどんン波が、悟空の気持ちを変えた/ドラゴンボール♯60

桃白白のどどん波

出典 DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

果敢にも殺し屋桃白白にかめはめ波を放った悟空。しかし、いややはり、桃白白に効くはずもなく桃白白のどどん波をくらう有り様。立ち向かう気持ちはあるのに力が足りない。進化し続けどんな手強い敵にも立ち向かい地球を守る悟空にも、こんな時代があったんですね。

桃白白のどどん波。似ている技が他にもありますね。

ピッコロ大魔王の目から放たれる光線

出典DRAGONBALLカラー版ピッコロ大魔王編

フリーザが指先から放つエネルギー弾

出典DRAGONBALLカラー版フリーザ編

悟空のかめはめ波やベジータのファイナルフラッシュ、天津飯の気功法のような広範囲にダメージを与えられる技がに比べ、エネルギーの密度が濃く先述の技より威力がありそうですね。エネルギーを放出する、これらの攻撃技。要するに放出されたエネルギーが単位面積あたりに及ぼす破壊力であり、その違いはエネルギーの束が太いか細いか。破壊力/攻撃力の決め手はエネルギーの密度にあります。

ここでは分かりやすく、広範囲にダメージを与えられるを《気功系》、細いエネルギー弾を《光線系》としましょう。

出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

⬛️気功系の技の特徴

  • 放出されるエネルギーの束が太く、広範囲にダメージを与える。
  • 対象物を貫く威力は、光線系のエネルギー弾に比べて無い。
  • 体内に気を溜めてエネルギーとして放出する。
  • 体内に気を溜めて放出するため、連続攻撃や不意打ちが出来ない。
出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

⬛️光線系の技の特徴

  • 放出されるエネルギーの束が細く、一点集中/貫くといったイメージでダメージを与える。
  • 体内に気を溜めて放出するのではなく、自分が本来持っている戦闘力とほぼ同じエネルギーを素早く放出する。
  • 素早くエネルギーを放出することが出来るため、連続攻撃や不意打ちが出来る。

連続攻撃や不意打ちが出来る。桃白白、ピッコロ大魔王、そしてフリーザが使いこなすこれらの技。光線系の技に【悪】のイメージを強く感じるのは私だけでしょうか。

悟空の決意

出典 DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

胸元に突き刺さった桃白白のどどん波。悟空の一命は形見の四星球によって守られました。そう、じいちゃんが助けてくれたんです。

悟空の旅/修行の目的は“ じいちゃん ”を見つけること。ざっくり言えばその目的はこの聖地カリンで果たされました。しかし、桃白白にやられ、力及ばず目の前でボラを見殺してしまい、幼いウパは父を失った。この闘いで悟空の旅の目的は一変します。

『お前の 父ちゃんを 生き返らせてやる!』

命を守ってくれた四星球を手にボラの墓を見つめる悟空。コミックでは描かれていませんが、アニメでは、生前のボラがたくましさと優しさをもって聖地カリンとウパを守る姿を悟空は回想します。その頼もしい父を追いかけるウパ。親子でありながら師弟のようにも見えた2人の関係に、悟空は亡き祖父を重ねたのかもしれません。

この回想シーンをアニメで観なきゃ勿体無い。コミックのたった6コマでアッサリ読み進めては、勿体無いです。決意を固める悟空の表情をご覧あれ!

タイトルとURLをコピーしました