絶妙なプロポーション。バランス良く描かれた筋肉。これもドラゴンボールの魅力です!ブルー将軍の強さに手も足も出ないクリリン、早く来てくれ悟空!

【ドラゴンボール♯52】絶妙なプロポーション。バランス良く描かれた筋肉。これもドラゴンボールの魅力です!ブルー将軍の強さに手も足も出ないクリリン、早く来てくれ悟空!

絶妙なプロポーション

出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

ドラゴンボールと言えば登場人物達の筋肉!厚みのある上半身、ゴリゴリで丸太のような下半身、敵も味方もひっくるめて逞しさの塊です。

ドラゴンボールシリーズの中でも、ドラゴンボール/ドラゴンボールZは登場人物達のプロポーションをバランス良く描いています。筋肉の厚み、太さ、隆起する筋の描き方等がとても丁寧です。首の太さまでも丁寧の描かれ、屈強な体をバランスよく描いています。だからこそ拳と拳の肉弾戦に迫力が増し、憧れを体現するほどの影響を与えているんだと思います。東京五輪 空手女子型 で日本の注目選手清水希容選手を抑え見事金メダルに輝いた サンドラ・サンチェス選手(スペイン)も、幼い頃、悟空に憧れて空手を始めたそうです。

ドラゴンボールシリーズの原画/ドラゴンボールZの後半(第200~291話)のキャラクターデザインを担当した中鶴勝祥氏は、こう語ります。

鳥山先生の絵は洗練されていて、しっかり造形ができていてなおかつ、バランスが絶妙だと思うんです。体のプロポーションはもちろん、顔の中の目や鼻、口などのバランスを覚えるまでが難しかったです。

出典 30htAnniversary 超史集

ドラゴンボールGT/ドラゴンボール超はそれまでの登場人物の描かれ方とは一風変わってしまい、厚みのある屈強な体つきから、どちらかと言えば線の細さが際立ちヒョロヒョロな印象になってしまいました。

早く来てくれ、悟空!

出典DRAGONBALLレッドリボン軍編

ブルー将軍の強さに手も足も出ないクリリン。虚勢を張るものの、もはや万事休す。

ベジータが初めて地球に襲来した時、ナメック星でのピンチ、セルとの対決。『早く来てくれ、悟空!』そう叫びたくなる場面が、ドラゴンボールの物語には何度か訪れます。悟空の手の届かないところで仲間がピンチ!必死に闘い続けているものの、これまでか!?そんな場面に悟空が間一髪で現れる。

出典DRAGONBALLレッドリボン軍編

現れてからの悟空は強いのなんの。それまでの劣勢が嘘のように胸がすくほどに好転するのです。

スポンサーリンク

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>
タイトルとURLをコピーしました