ブルー将軍、フリーザ、ドラマ半沢直樹に登場する黒崎駿一。この3人の共通点は?レッド総帥率いるレッドリボン軍、それぞれの編隊規模を比較してみた。

【ドラゴンボール♯48】ブルー将軍、フリーザ、ドラマ半沢直樹に登場する黒崎駿一。この3人の共通点は?レッド総帥率いるレッドリボン軍、それぞれの編隊規模を比較してみた。

3キャラの共通点

オネエキャラで、強い。まず思い浮かぶのは揺るぎなく、フリーザです。しかし、フリーザ様より早く登場しているキャラがいました。そう、レッドリボン軍のブルー将軍です。

この記事を書く為に改めてアニメを観返したのですが、オネエキャラである意味強いブルー将軍の人物像が、途中から半沢直樹の黒崎駿一(片岡愛之助)に見えて仕方ありませんでした。3キャラの共通点も見つけたので紹介します。

フリーザ/ブルー将軍/黒崎駿一の共通点はザックリこんな感じです。

⬛️3キャラの共通点

  • オネエキャラ
  • 丁寧な言葉遣い
  • 味方であろうと、しくじった者には容赦ない仕打ち
出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

まずは、《オネエキャラ》についてですが、これはもう観たまんまですね。美しいモノを愛し、美しい自分を愛し、それらを汚(けが)されたり傷つけられることは何よりも赦せない。《この美しい私》を陥れたり顔に泥を塗ったり怒らせた者は、敵であろうと味方《死》あるのみ。黒崎は勿論殺人なんて犯しませんが、容赦のなさは3キャラの共通点でしょう。

出典DRAGONBALLカラー版フリーザ編

次に《丁寧な言葉遣い》について。『ぶっ殺すぞ!』と荒っぽい口調で言われるのと、『あなたのことは赦しません、殺します。』と丁寧な言葉で淡々と言われるの、どちらに死を覚悟しますか?

敵であろうと味方であろうと容赦なく痛め付け震え上がらせるその《凄み》は、落ち着き払った丁寧な言葉使いで一層増すように感じます。個人的に感じる違いは《気持ちの余裕》。気持ちに余裕があるから頭が回り、より苦しめる手段や相手を追い詰める方法を淡々と着実に選び実行することが恐怖に繋がっているように感じます。

出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

最後に《容赦のなさ》について。自分に刃向かう者や作戦を遂行出来なかった者は、味方であっても、容赦はありません。冷徹な仕打ちですが、これがあるから作戦は遂行され、結果を生んでいるのでしょう。ただ部下達を脅迫するだけではない、頭が切れて腕の立つボスであることに間違いありません。

編隊規模

シルバー大佐、イエロー大佐、ホワイト将軍、そして、ブルー将軍。レッド総帥からドラゴンボールの捜索の命を受け、東西南北それぞれに拠点を任され隊を組んで任務にあたっています。

⬛️階級《偉い順》

  1. レッド総帥
  2. 隊長(各将軍達)
  3. 大佐

⬛️ブルー将軍

出典DRAGONBALLレッドリボン軍編
  • 担当地域/拠点キャンプからカメハウスが割と近いので、南の地域を担当していると予想。
  • 捜索範囲/小型飛行機、潜水艦、小型潜水艇を有しているので、広範囲に渡って捜索していると考えられます。アニメでは班を二手に分けて海底とカメハウスに向かって出動する様子が描かれているのですが、潜水艦に乗り込む隊員、小型飛行機に乗り込む隊員、キャンプでする情報管理にあたる隊員の人数を合わせると100名強?!

⬛️ホワイト将軍

出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編
  • 担当地域/一面の雪。見たまんまの光景から北の地域を担当しているとかんがえられます。
  • 捜索範囲/戦車、徒歩で移動出来る範囲でドラゴンボールの捜索の指揮にあたり、抱える隊員の数は凡そ30人ほど。

⬛️シルバー大佐

出典DRAGONBALLレッドリボン軍編
  • 担当地域/東の地
  • 捜索範囲/小型戦闘機、戦車で、車で移動出来る範囲でドラゴンボールの捜索にあたり、それを指揮しています。コミックでは描かれていませんが、アニメ♯32で確認すると隊員の人数は100名近いと考えられます。

⬛️イエロー大佐

出典DRAGONBALLレッドリボン軍編
  • 担当地域/ドラゴンボールの捜索中にボラとその子どもウパに襲いかかる様子と彼らがインディアンであることから、西(西部)の地域を担当していると考えられます。
  • 捜索範囲/主な移動手段はヘリコプター。アニメ#58では12機のヘリが確認でき、聖地カリンに降り立つ隊員は6名ほど。4部隊の中で一番小規模の部隊ではないでしょうか。

この他に非情の女性大佐《バイオレット大佐》と謎の《カッパー大佐》なる人物が登場しますが、隊の全貌やドラゴンボールの捜索場面が描かれていません。

目まぐるしい悟空の活躍と必死に抵抗する各部隊の様子は、是非アニメで観て下さい。

スポンサーリンク

最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>
タイトルとURLをコピーしました