人造人間8号ハッチャンの生みの親フラッペ博士をご存知ですか?ハッチャンの優しさは必然?それとも、偶然?アニメだけの番外編をオープンエンドで観てみよう。

【ドラゴンボール♯42】人造人間8号ハッチャンの生みの親フラッペ博士をご存知ですか?ハッチャンの優しさは必然?それとも、偶然?アニメだけの番外編をオープンエンドで観てみよう。

悪いことも暴力を振るうことも嫌いな心優しい人造人間8号ハッチャンを造ったのは、マッスルタワーのボス ホワイト将軍 ではなく、実はこのフラッペ博士でした。スノが住んでいるジングル村のはずれに研究所を構え、人嫌い。それでも、何故かスノとは仲良し。ジングル村で一緒に暮らすことになったハッチャンの体内にある爆破装置を取り除いてもらうために、スノ、悟空、ハッチャンの3人はフラッペ博士のもとを訪れました。

出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編
出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編
出典DRAGONBALLカラー版レッドリボン軍編

協力しなければ村人全員を皆殺しにするとレッドリボン軍から脅され、ムラサキ曹長とホワイト将軍に見張られながら仕方なく人造人間を造ることになった、フラッペ博士。人造人間は殺人兵器なのに、人造人間8号のハッチャンは優し過ぎて争いが嫌いで『失敗作』と罵られ続ける始末。

出典 https://www.animecharactersdatabase.com/jp/mobile_character.php?id=68511

さて、ここで一つ考えてみましょう。

『オープンエンド』という言葉を知っていますか?オープンエンドとは、ざっくり言うと各自の判断に任せるような、白黒つくような明確な答えを出さない考え方です。小学校の道徳の授業で用いられたりしています。

では、考えてみましょう。フラッペ博士は、あえて失敗作を作ったのでしょうか?それとも、偶然、失敗作が出来上がってしまったのでしょうか?

⬛️あえて失敗作を造った説

フラッペ博士の技術をもってすれば、きっと、あえて失敗作を造り上げることは可能なはずです。これは憶測ですが、わざと失敗したり善の心を残すようなプログラミングだって、そばで見張っているムラサキ曹長やホワイト将軍には気付かれないはずです。

⬛️偶然、出来上がった説

見崎 鉄 氏の著書を参考にした仮説です。

『人間をほんのちょっと改造しただけ』だけなのであれば、人造人間というよりむしろ改造人間(サイボーグ)といったほうがいいのかもしれません。(中略)生体の部分がほとんどなのであれば、生命の神秘的な部分が残されているわけですから、何かの加減で人間の理解を超えたパワーが発揮される可能性も(虚構のなかのリアリティの度合いとして)高くなるのです。

ドラゴンボールのマンガ学/見崎 鉄 /彩流社

ハッチャンの優しさが、ここで書かれている『高い可能性で発揮された人間の理解を超えたパワー』だとしたら?

この2つの仮説をどう考えますか?

コミックには登場しない、フラッペ博士。アニメを観て、あなたなりの答えを見つけて下さい。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました